食品添加物、オーガニック商品、無添加、保存料無しの裏側とは!?

私はトレーナーですが、将来色々考えていて最近色々違う分野を勉強したり、セミナーに行ったりしてます。
最近学んだ事を書いていきたいと思います。


食品添加物というと悪い印象があります。
オーガニックと聞くと良い印象があります。
食品添加物にも様々な種類があります。

コンビニで売っている食品
お菓子
サプリメント

などの加工食品にはほとんどに保存料・着色料といった食品添加物が入っていると思います。


オーガニック商品にも様々な種類があります。

食品
化粧品
石鹸
洗剤

などの物に書かれてる事が多いと感じます。
 
なぜ食品添加物がなぜ体に悪いのか?悪い印象なのか?を考えると
「食品添加物には発がん性があるから」
と聞きくことが多いです。

なぜオーガニック商品が身体に良いのか?良い印象なのか?を考えると
「農薬や化学肥料に頼らず、自然の恵みを生かした加工してるから」
と言うと思います。

 さて、食品添加物は何の目的をもって加えられるのでしょうか?

厚生労働省によると、
「食品添加物とは
保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものの総称」のことを指すそうです。
 
保存期間を長期化させる保存料などはカビなどの病原菌が繁殖しないように使われるもので、保存料を入れなければ菌たちは増殖し放題です。
腐るという事です。
そこで冷静に考えてみてください。

りんごを数日放置したら腐りますよね?

炊きたて握りたてのおにぎりを1日リュックから出し忘れたら黄色くなり固くなりませんか?

お風呂だって何もしなければカビ生えますよね?

水だって腐りますよ!

では、なぜ加工食品や、加工商品は腐らないのか?

本当に何も入っていなければ、間違いなく封を開けた後数日で腐ります。
なぜ、
食品添加物不使用!
保存料、着色料不使用!
をうたってなぜ腐らないのか??

食品添加物を使用した際にはその成分表示について厳しい規約はあります。
逆に「無添加であること」は
表示しなければならない義務もなければ、
表示してはいけないという縛りもありません。

これが何を意味するのかというと、それは売る為の戦略として「無添加であること」を売りにしているということの表れです。


食品や化粧品などは、様々な工程を経て作り出されます。
ですが最終工程において添加物が使用されるケースではなく、元々の原材料の時点ですでに添加物が使用されていて、かつそれが様々な工程を経て少なくなると、これを表示しなくても良いという抜け道があります。これをキャリーオーバーと言うそうです。

オーガニック!無添加!を売りにする為にこの技が使われているようです。
どんなに原料が植物であり、さらにオーガニックなのだと主張しても、
結果的にシャンプーやリンス、化粧品に加工された成分はケミカルです!

化粧品や食品やサプリメントとして製品化、加工されている以上ノンケミカルはあり得ません。
問題はケミカルの使用量と言えます。
むしろ
食品添加物不使用!
無添加!
無着色無香料!
ノンケミカル!

とうたわず、

正々堂々とそれらは使ってます!
でも、量は少量です!
と言ってる企業の方がどれほど健全

であるか。


また、新商品、新製法、新成分も
危険と言えるでしょう。
それらを使用して、5年、10年過ごした人はいるでしょうか?

大袈裟ですが、仮に

ロケットを作る専門家ではない人が
ロケットを作ったとしましょう。
つい最近作った最新ロケットです!
10人成功しました。
11人目やってみない?まだ10人しか試した事無いけど!w

と言われました。

あなたは行きますか?
私は行きません。


逆にロケットを作る専門家がロケットを作って
30年使われていて、ロングセラーです!
述べ1億人失敗なし!

と言われたら心配なさそうですよね?w

何が言いたいかと言うと、
その商品の

専門分野で一生懸命作った商品で
長く愛されていて、長い間問題がない商品

が一番信用出来ると思います。
餅は餅屋と言うことわざがありますが、
私はこの条件の商品を選び使いたいし、
人にも紹介したいし、
取り扱いたいです。

逆に専門分野でもない自社製品で利益ばかり追い求めてる商品は買いませんし、
紹介もしませんし、
取り扱いません。

話逸れましたが、
私が学んで一番伝えたいのは、
「隠れた保存料を使っていて危険」
ということではなく、
このからくりを利用して「無添加食品や食品添加物不使用やオーガニック」などを売り出そうとする企業の腹黒さが問題だということです。
これらは、ただ売る為のスローガンと言えるでしょう。


皆様の身の回りにも該当するものがあるかもしれません。

気を付けて、
良いものを専門に作っている企業から
良い価格で
買いましょう!!

0コメント

  • 1000 / 1000